スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -







ごあいさつ

 
こちらは恵那個人サークル
チルチル★にぢる の趣味サイトです。
サイト内画像・文字等の無断転載、加工、複製禁止!
No reproduction or republication without written permission.



◆こちらのブログは
乙女ゲーム(ときメモGS・ビタミン・遙か 他)のページです




◆メニュー説明
INDEX・・・入口に戻ります(ブックマークはこちらでお願いします)
ORIGINAL・・・オリジナル関連のブログ
OTOME・・・乙女ゲー関連のブログ
GALLERY・・・イラスト・漫画倉庫(pixivに飛びます)
INFO・・・イベント予定や発行物
LINK・・・リンク方法や素敵サイト


◆連絡先
お手数ですが、ご連絡はブログのコメント欄からお願いいたします。書き込まれたコメントは、管理人しか見れない設定になっております。










コンプメモ「BEYOND THE FUTURE - FIX THE TIME ARROWS -」

BEYOND THE FUTURE - FIX THE TIME ARROWS -」


RPG風と聞いて、「遙か」のように戦闘システムがあるかと思いきや、そうでもなく。選択肢で好感度と聖女度を調整するだけで普通だなあ。。。という印象でした。
ストーリーは「ある日突然、神の加護を得た聖女が、選ばれし仲間たちと世界を救う」という冒険ファンタジーの王道。展開も王道な上、ラストまで金太郎飴ですぐに飽きてしまいます。スキップは優秀です。

そして噂の強制終了。前情報のおかげで小まめにセーブしていたので被害は最小限でしたが、やはり起動するたびにイライラしてしまいます。セーブの際のあのヒヤヒヤ感はもう味わいたくないですね。砂時計アイコンがトラウマに。。。エンディングが近くなるとノーセーブで一気に進めたって方は結構いるのではなかろうか。

ただ、キャラクターが全員魅力的で、スチルもとても美麗でした。捨てキャラがいないというか、どのルートも楽しみでした。何よりも主人公が可愛い! 立ち絵の表情がいちいち可愛い!にゃんこな後ろ姿が可愛イィ! うん。
あと、攻略キャラと一緒にラスボスに挑む際、その他のキャラが「本当は俺が守ってやりたかったけど後はアイツに任せるぜ」的な台詞を1人ずつ残していくのが新鮮で良かったです。
全体的に甘さはとっても控えめです。










コンプメモ

 「アムネシア レイター」


本編に引き続き、これもまた面白かった。
サスペンス要素はないですが、笑い要素がバージョンアップしていて、とても楽しめました。
ウキョウが好きになるという、本編では一切なかった感情が沸くほど、ウキョウルートが面白すぎて困った。
続編ではぜひ女子ルートを設けてほしい!
みんなデレてくれてますが、個別ルートがほしい!

アニメも続編も今から楽しみです。



---
アイディアファクトリー
¥ 4,640
(2012-03-15)








コンプメモ

 「アムネシア」



記憶喪失の状態からスタートして、登場人物たちとの関係を探りながら、事件や謎、記憶を解いていくストーリー。
展開が面白く、サスペンス要素も恋愛要素もたっぷりあって、さらに笑える場面も外さず、満足できる作品でした。デッドEDが多いのも個人的にはうれしい。ループすることに意味がある物語です。
各ルートそれぞれ違った面白さがあったけれど、なかでもイッキの話が好き。
レイターやりたいなあ。

しかし、自分の彼氏がこんな格好で現れたら即帰りたい乙女心・・・。










コンプメモ

 「文明開華 葵座異聞録」

一言で言うと、色々と惜しい作品でした。
立ち絵が妙な動きをしたり不思議な演出が多かったり、ストーリーを容赦なくハショって大急ぎで話が展開するなど、突っ込みどころ満載である意味面白かったです。
キャラクターと設定はよいので、ストーリーをもう少し掘り下げて、キャラクターの心情や置かれている状況を丁寧に描いてくれたらもっと面白くなれたのでは、と思いました。次回作に期待します!









コンプメモ

 「死神と少女」

死神と少女の美しい幻想物語。登場人物それぞれがもつ秘密を丁寧に紐解きながら、物語の真相に迫っていくストーリーで、泣きはしなかったけれど後半は結構のめりこめました。とにかく脚本がよくできてる! どのルートも切なく美しい物語で、1度クリアしたからこその2周目3周目の感動があったりして、しかも最後にはちゃんと繋がるのですよこれが。これ乙女ゲームじゃあないよね。というより、小説です。
主人公=自分という方や、恋愛目的の方には辛いかも(恋愛ゲームのくせに)。また、言葉の言い回しが哲学っぽいというか、長たらしくて若干ウザイのでそういうのが苦手な方にはおすすめできません。そして重い。ゲームの世界観には合っていますが。

自分の攻略順は「桐島→日生→十夜→蒼」でしたが、公式のおすすめ順は「日生→桐島→十夜→蒼」みたいですね。クリアして思ったのですが、最初の先輩2人はどちらでも良いとして、最後の「十夜→蒼」の順だけは絶対に守った方が良いと思いました。この順番間違えると物語的に面白さが半減するかと。でも日生先輩も個人的には2周目以降の方がおすすめです。1周目でまずアレを経験してからの方が・・・・

乙女ゲーム経験の浅い自分には新鮮な1本でした。










コンプメモ

 「マザーグースの秘密の館」

マザーグースについてのクイズに答えたら、ご褒美に攻略キャラのうんちくを聞けるという、うんちくシュミレーションゲーム(多分違う)。内容が薄いので、頑張れば1日でクリアできるかもしれません。
正直、マザーグースクイズよりもその後のうんちくおこぼれ話の方が面白かったです。恋愛要素もそこそこ萌えられたので、もっとストーリーを濃くしてくれたらよかったのになーと思います。あと、エンディングが全部1パターンなのが残念でした。
相変わらず主人公がいい性格してるのが素敵。










コンプメモ



「マスケティア」コンプしました。
どのルートもストーリーがほぼ同じ展開になるのですぐに飽きてしまって、正直う〜ん・・・と思っていたのですが、それも隠しキャラルートの伏線だったのですね。やはり最後にオチは用意されていた。
しかし最後までやってもトレヴィル先生が不憫すぎるこの話。笑
ロシュフォール先生がどこまでいっても貴様呼びなのが笑えました。いいよね、貴様呼び!ゾクゾクするよね!攻略欲的な意味で。
個人的にはボナシュールートとプランシェルートが欲しかった!2人共もっと巻き込んで活躍してほしかったなー。

総合的にはいまいちハマれなかったかな。三銃士を読んだことないからかもしれません。登場人物の相関図くらいはググりましたが、話を知ってからプレイする方が断然面白いかと。









コンプメモ



クリアした乙女ゲーメモ


■「金色のコルダ3」
全員EDのために最終シーズンを何度もやり直したのは良い思い出。
フラグをポキポキ折りながら、フラグ回収の優先順位を練る、の繰り返しでした。
キャラ萌えはあまりなかったのですが、やっぱり大地と土岐の副部長ズが好きです。2人ともなんかエロいし、黒い。
アンサンブルの練習と、大会の戦いが地味に楽しかったな。
やはり主人公に成長要素のあるゲームは面白いですね。


■「あさき、ゆめみし」
死にEDがやたら多い。
殺され方がエロいし、キャラクターが教えてくれるヒントコーナーが面白いので、進んでBAD回収したくなるゲームです。
あと、出てくるキャラが老若男女人間妖問わず、全員が保護者属性。なんという俺得でしょうか。
愁一郎の、保護される側に面倒みてもらってる残念な保護者っぷりがたまらん。期待していた高虎も、期待を裏切らない性格の悪さでこれまたたまりません。三鬼込みで好きです。
そして少年たちが主人公より美少女・・・(笑)女と思ってプレイすると結構萌えます。


■「デスコネクション」
序章のマフィアの抗争で攻略キャラがほぼ死亡するゲーム(笑)
話がよくできていて面白かったです。狩る力の使い方がジョジョっぽくて良い。
ヨシュアの血の繋がらない兄という設定にきゃほーい!って一周目で食いついて大怪我しました。あそこまでひどい保護者属性初めてだよ。ヨシュアルートは精神的に疲れる。未プレイの方は二周目以降スキップしながら気楽にプレイすることをおすすめします。でも人間臭くて好きですがね。他ルートだとガヤ担当になっていたのが良かったです。主人公が成長してヨシュアを手の平で転がせるようになったらきっと幸せになれる、っていう声優さんのコメントに妙に納得です。
個人的にはグロリアルートが一番好きです。スチルエロいし声エロいし天然で手が早い。ED後にもひと波乱あって、それだけでまた話作れるんじゃあないかと思いました。ジャンの隠れ保護者っぷりもたまらんかったです。黒髪のおっさんバンザイ!
三銃士をモチーフにした「マスケティア」と繋がりがあると聞いて気になっています。デスコネとは違う姿のジャン、もしくは契約者が出てくるとかかな?







| 1/1PAGES |